1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなもの&タクシーに関するコラムなど

2020年を振り返りつつ、さて来年はどうしよう…

タクシーブログの更新をすっかりサボってしまっていますshiwaです。
Twitterの更新はボチボチしていますが、ブログは2ヶ月以上ぶりですか…

ドライバーブログランキングの上位にいる東京のドライバーさんが、タクシーを降りてしまいコロナの影響を大きさをあらためて感じています。
かくいう私は他にできることが無いので、この業界にしがみつけるだけしがみつこうと思っています。
以前から思っていたのですが、タクシードライバーという仕事は、ある意味で最後の砦なのです。
だから、どんな事情があるにせよこの仕事を卒業できるのは、おめでたい事だと思います。

「この仕事を卒業できる」ということは最後の砦の手前に身を置くことができたのですから、それだけセーフティな立場になのです。

自分のことで書けば、コロナ禍で激減したとはいえ、この年齢でこの収入を維持する仕事を探すのは、不可能に近いと思っていますので、先ほど書いたように来年以降もしがみつけるだけしがみつくしかないと思うのです。

--閑話休題

ところで、このブログを見返したのですが、乗務日誌を最後に書いたのが2019年の6月。
それ以降は、乗務日誌を書かなくなりました。
今ですら、都内ではミニバンタイプのタクシーも増えましたが、それでも圧倒的少数派です。
そのドライバーがブログを書いている以上、お客さんの目に触れないとも限りません。
そのときに、私に他意がなくても表現が稚拙であるが故に、お客さんを傷つけてしまう可能性が無いとも言えません。

例えば、当日一番長いお客さんのこと「ここまでできていなかったので、大変助かりました」と表現したとしましょう。
それじゃあ、そのお客さん以前にご乗車いただいたお客さんは「助かってないのか?」と考えだしてしまい、その様なことは無いのですが、迷宮に入ってしまった様な感覚に陥ってしまったのが、その頃のことでした。
それ以来、乗務日誌がブログに書けなくなってしまったのです。

たぶん、この病(笑)は来年も継続するでしょうから、乗務日誌はブログには書けないかな…
でも、書けないながらも、タクシー稼業では大きな方向転換をした2020年のことは何らかの形で残しておきたいと思っています。

あらためて、自分は面倒くさいドライバーなんだと自覚したのが2020年でした。
以前も書いたと思うのですが、20代中盤から十数年、私自身がタクシーのヘビーユーザーでした。
タクシードライバーになったときに、そのときに感じた嫌なことはお客さんに絶対にしないと自分自身に誓いました。
でも、そうすると窮屈なんですよね(笑)
それでも、窮屈な方が良いと思っていて、ストレスが少ないのだから仕方ありません。
こんな話の具体例をいくつか書いてみたいと思っています。
お客さんから見たときに、ドライバーにこんなことはして欲しくないんだよ!って話を…


そしてお金の話も…
タクシー稼業で伸ばすか、サイドビジネスを組み合わせて何とか収入を確保するのか…
私自身は、後者つまりサイドビジネスを組み合わせての収入確保を目指しているのですが、それらのことをそろそろ書いても良さそうな段階まできたと思っていますので、私自身のやっていることを整理しつ紹介したいと思っています。

そしてやっぱり業界のことも…
2020年は、この業界にとっても転換点になりそうですね。
しがみつく為にも、業界動向をウォッチし続けることは大切だと思っています。


ここに書いたことをどれだけ書けるのか分かりませんが、そんな気持ちで今年を振り返ってみました。

本当に2020年は大変な一年でしたが、この経験が糧となって来年以降に良い方向で結実することを祈りましょう。
本年中は、お世話になりました。来年も、この稚拙なブログをよろしくお願いいたします。

sl


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ




タクシードライバーのサイドビジネス事情 その2 タクドラはどんな副業をしているのか?

前回のエントリーも今回のエントリーも大半の会社では、副業は就業規則違反となって懲戒の対象になる恐れがあります。
その点は、ご承知おきください。


タクシードライバー職の利点は、残業時間を含めたとしても拘束時間が決まっていること。
十数年前にこの仕事を始めたときに、それは強く感じました。
それ以前は、勤め人時代は徹夜の連続で、タクシーでの帰宅が当たり前の生活をしていたので、「これ以上働くと怒られる」という感覚は、とても新鮮でした。
裏を返せば、時間のやりくりがつきやすいことにもなります。

さて、今回は私の周辺のタクシードライバーがどんな副業をしているのか?具体的に書いてみたいと思います。


やっぱり現業系が多いのかな?

軽貨物配送
運転代行
レンタカーの回送
などなど、やはり運転にかかる仕事が多いようです。
最近ではこれにUBER Eartsが加わっているようですね。

いずれの仕事も、報酬体系がどの様になっているのかはともかくとして、時間お金に変えている点では、時間を費やせばある程度の収入が得られるので簡単に始められるようですね。

何かの偶然なのかもしれませんが、私の知っている範囲ではレンタカーの回送が多いように思います。
報酬はあまり高くないが、自分で稼動する時間を選べるのが魅力だと聞いたことがあります。

ただ、運転を副業とする場合、月間のハンドル時間を越えると過労運転になるのは言うまでも無く、それ故にタクシー会社では副業を禁止していると聞いたことがありますので、その点は予め理解しておく必要があると思います。



ネット系や金融系も

ブログアフィリエイト
株式投資
FX
仮想通貨取引
などなど、時代の流れなのでしょうか、こんな副業も多く聞くようになりました。
また、SNSをやっているドライバーには、FX取引をやっている人も多いように感じます。

これらは、時間を費やしたから稼げるようになるとは限らない一方で、ヒットすれば比較的短時間で収入を得ることができるので、ドライバーでもやっている人が多いのでしょうか?


このシリーズ、もう少し深堀りしてみたいと思いますので、次回も続きます。

rental
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ


タクシードライバーのサイドビジネス事情 その1 タクシー辞めて大丈夫ですか?

コロナ禍で収入が激減した同業者の皆様は多いと思います。
他人様の懐具合の話なので、抱えている状況は人それぞれ、私もタクシー業界にくる前に会社を潰していますので、マイナスを抱えて業界に飛び込んで、ようやく収支が安定してきた状況だったので、抱えているマイナスはそのまま。
さらにコロナ禍で、そのマイナスがさらに大きくなって…

自分の話はこのくらいにしましょう。

予定稿の段階では、この話は一回で終わらせるつもりでしたが、前提となる話にスペースを割いてしまったので、2回ものにしたいとおもいます。


さて、このところSNS上でタクシーを辞めるという文言を良く見かけます。
考え方は人それぞれだと思うのですが、辞めてコロナ禍以前の収入が確保できる見通しがあれば、その人の選択を素直に尊重したいと思います。
ただ、私のような50過ぎのオジサンが、コロナ禍の最中にタクシーを辞めたところで、以前の収入を確保できるのかどうかは、ギャンブルに近いのではないかと思っています。


そんなわけで、タクシーを辞めて他で働くことを自分なりにシミュレートしてみたいと思います。

例えば、流行のUber eatsで稼ぐことを想定したとしましょう。
様々な記事を読むと、だいたい時給換算で1200円程度平均だといわれていますので、タクシーで月給ベースで40万円稼いでいたとしたら、月間333時間、休み無しでつまり一日10時間強働くと達成できる金額になります。
もちろん、先に書いた時給は様々な記事からの平均値なので、これ以上稼ぐことも可能だとは思いますが…

例えば配送の仕事の求人も多いですが、だいたい時給換算すると1500円弱。
こちらは、就労形態が業務請負から正社員まで幅広いので、単純な比較はできませんが、月間260時間強働くと、先ほどの月給ベースに到達します。

それらを前提にすると、タクシーを辞めても何とかなりそうな気がしなくも無いですが、実際に稼げるのかどうかは働いてみるまで分かりません。

いずれにしても、稼げないことを理由にタクシーを辞めたとしても、同程度に稼げるかどうかはやってみないと分からない。と私は思っています。
そして、タクシーの仕事って自分のペースでこなせる分、ストレスフリーな側面も大きく、その仕事形態にどっぷりと浸ってしまっている私などは、誰かの指揮命令系統に入る仕事を今さらできない身体になっていると感じています。
そうすると、実際にできそうな仕事形態は、個人事業主として働けるUber eatsや軽貨物配送の様な仕事になるんだろうと、感じています。
そうであるなら、なおさらタクシーを辞めなくても、お試し的にそれらの仕事をやってみて、それから考えても良いのかな?と考えたりしています。

いずれにしても、タクシーを辞めるか否か?という発想ではなくて、タクシーではこれだけしか稼げなくなったから、あと数万円プラスできる手段を考えよう。
こんな考え方の方が、より現実的だと私は考えています。


では、その様に考えたときに、知っておかなければならないことを大雑把ですがまとめておきたいと思います。


多くのタクシー事業者は副業を禁止している


これは何故か考えたことがありますか?
近年、東京のタクシー事業者では、ハンドル時間や拘束時間の管理が厳しくなってきました。
隔日勤務のタクシー乗務員の場合、月間262時間(繁忙期は270時間)までと拘束時間が定められており、これを越えて就業させて、万一事故を起こした場合、厳しい処分がタクシー事業者に下される。
こんな仕組みがあるからなのですが、これによりタクシー乗務員の過労運転を防止し、お客さんの安全を守るようにしているのです。

そして、これら拘束時間やハンドル時間は、一事業所による就労のみに適用されるのではなく、その乗務員のすぺての就労に適用されるので、乗務員の過労運転を防ぐ為に副業を禁じているのです。

つまり、タクシー事業者が副業を禁じているのは、合理的な理由があるといえます。
それ故に、乗務員をやりながらどこかで働いた場合、それが会社にバレたら、就業規則が副業を禁止していれば、処分を受けても仕方ないともいえます。


個人事業主の収入は、会社への発覚のリスクは低い

個人事業主として収入を得ると、確定申告の必要が生じます。
給与所得がある場合、個人始業主としての収入が20万円未満であれば、国税は免除されますが、住民税はその分にも課税されますので、いずれにしても確定申告は行う必要があります。
そして、確定申告の際に、給与所得以外の収入分の住民税を普通徴収にすれば、会社に他の収入があることは分かりません。

いつもはUberの仕組みを偽装請負と批判していますが、個人事業主という形でのその収入は、現実問題として会社に発覚する恐れは低いと思われます。
また、たとえ収入があることが発覚したとしても、個人事業は株式投資・為替投資や不動産投資、フリマへの出品、背どり、アフィリエイトなどの収入もそれに該当する為、そのいずれかの収入なのかの判別は難しいと考えられます。
それらの収入を含めて副業禁止で就業規則上の処分をするのは現実的ではないと思います。
ただ、副業によって本業への多大な影響を与えた場合は、その限りでないのは、前提です。

現実問題として、タクシー乗務員は様々なサイドビジネスで副収入を得ている人は、多いと感じます。
私も、会社に報告していますが、毎年のように確定申告をしていますし、周りのドライバーにそういう人が多いのも確かなことです。
それらは、株式などの金融商品取引によるものであったり、不動産収入のようなものから、Uber eatsのようなものまで多種多彩です。

次回、それらの事情を知っている範囲で書こうと思います。

なお、今回のお話は、あくまでも就業規則違反になることを前提にしている点が多々あり、それらについての判断は自己責任でお願いします。
この稿の主旨は、あくまでも情報提供にあることをご承知おき下さい。


delivery


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ



【PR】
私は、「楽天カード」のヘビーユーザーなので、買い物は「楽天市場」で探すことが多いです。
引っ越してきました
はてなブログで、2016年6月から綴っていたブログを、2019年2月11日にライブドアに引っ越してきました。

はてなブログからの移行に際して、2019年2月11日以前のエントリーは、一部を除いてライブドア版には移行しませんでした。
以前のエントリーをご覧になりたい方は、下記ブログをご参照ください。

はてなブログ版「1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの」
最新記事
記事検索
ギャラリー
  • 2020年を振り返りつつ、さて来年はどうしよう…
  •  タクシードライバーのサイドビジネス事情 その2 タクドラはどんな副業をしているのか?
  • タクシードライバーのサイドビジネス事情 その1 タクシー辞めて大丈夫ですか?
  • 都内のタクシーで安直に稼ぐことを考えたときに、思考の分かれ目になりそうな点
  • 都内のタクシーで安直に稼ぐことを考えたときに、思考の分かれ目になりそうな点
  • 戯言です、タクシー業界の強さが失われるとき
  • これからタクシー業界を目指す皆さんへ、コロナ禍のなか良いタクシー会社について考えてみました。
  • 緊急投稿! もし、会社が突然に休眠宣言して、ドライバーを解雇したら… その会社のドライバーだったと仮定して自分がやりそうなことをツラツラ書いてみます。
  • このご時勢だから その2… 社会保険の傷病手当金を知っておこう!
最新コメント
Profile

About me
名前:Shiwa


気がつけば、タクシー乗務を始めて10年と少し経ちました。現在2社目です。
会社によって勤務名称が異なるようですが、14時~16時の間に出庫しています(たいてい16時かな)
1Boxタクシーには、2015年の秋から乗っています。

ご意見・ご感想などは、blogのコメント欄の他、メール、twitterでもどうぞ…shiwa.1764@gmail.com
@Jw7Moyo


Teitterをまとめたblogを作っています。そちらもご覧ください。
「1Boxタクシードライバーのつぶやき」

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
サイトポリシー
「1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの」のサイトポリシーは、こちらのページに記載しています。
「サイト運営のポリシー」

  • ライブドアブログ