1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなもの&タクシーに関するコラムなど

同業の皆さま、無線配車は好きですか? 迎車料金変動制について考えてみました。

最初にお断りしなければならないのは、都内のタクシーとその他の地域のタクシーについての事情が大きく異なるだろうという点です。

都内のタクシー営業は流しが基本です。それは1Boxという特異な車両に乗務していても変わりません。

無線配車は多い日でも、全営業の2~3割程度。あとは流しを中心にときどき付け待ちというのが基本スタイルだということ。

 

そして、これは地域に関係なく、タクシーの場合、賃金体系は歩合を基本にしているという現実。

さらに、既に労働分配率は75%強となり、これ以上のインセンティブを付与し難い賃金体系になっているという現実。

 

これら3つの点を前提に、乗務員の目線で変動制について考えてみたいと思います。

 

 

迎車料金変動制の一番の問題は、倍以上の迎車料金を支払ったら優先的に配車するという仕組みではないか?と思っています。

 

お客さんが倍以上の迎車料金を支払時間帯は、何処にでもお客さんがいる時間帯です。

つまり、ドライバー側からすれば、迎車でそのお客さんを迎えに行かなくても、目の前のお客さんをお乗せすれば売り上げが作れます。

歩合給なので、どちらを優先するのか?と問われれば、必然的に目の前のお客さんとなるのは当然のことといえましょう。

 

それでも、お客さんに優先配車をすると約束した以上、そのドライバーにはお客さんのところに行ってもらわなければなりません。

では、このときどうやって、そのドライバーの心持ちを納得させられるのでしょうか?

 

某会社では、無線のキャンセル率が高いと賃率が下がる賃金体系を導入するという話を聞きました。

でも、これって本当は逆の話なんですよね。

 

会社が導入した仕組みで、優先的に配車すると約束したから、それらの配車を含めてキャンセルすると賃率が下げるのではなく、優先的な配車に行ったのだから賃率を上げるなどのインセンティブを付与するのがスジだと思うのです。

 

優先的な配車を何本も受けたら、ロングの配車を一つ出すとか…

優先的な配車の売り上げは、通常の1.5倍でカウントするとか…

 

そういったお客さん目線だけの制度設計ではなく、ドライバー目線の制度も併せて考えなければならないと思うのです。

 

ドライバー側に、優先的な配車を受けたから売り上げが伸びなかった

そんな鬱積した気持ちが残り、それが蓄積すると運転に支障が生まれます。

この制度で私が一番心配しているのは、その点なのです。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

いわゆる「SNSへの晒し行為」に関しての私見

スマートフォンやSNSの発展は、良い側面もありますが負の側面もあると思っています。

負の一つ、いわゆる「SNSに晒す」行為について私見をアップしようと思いました。

 

Blogの更新は疎かになりがちですが、Twitterへの投稿はRTを含めれば日に何度かは行っています。

そのTwitterのタイムラインを眺めていると、時折「タクシードライバーが違法駐車」だとか「ドライバーが車内喫煙」だとか「乗車拒否」だとかの告発系が見受けられます。

それも、会社名やナンバーの分かる写真を添えて…

 

またこの夏、新東名高速で発生した煽り運転や、それに付随して高速上に車を止めての威嚇行為は、その行為を記録した映像の一部終始がネットに拡散し、結果として、煽り運転並びに威嚇行為を行ったドライバーの逮捕までつながるという事件もありました。

 

違法行為や暴力行為をネット上に晒す行為は、その意味で社会的にも受け入れられてきているのかもしれません。

 

でも、私はこれらの「晒し」には違和感を覚えています。

どちらかと言うと、私の感覚は少数派だと思うので、読まれている皆さまには「こんな考え方もあるんだぁ」程度にお読みください。

 

 

そもそも、そのTLは真実なのか?

誰々が駐停車禁止場所で付け待ち、こんなの許されるのか?

こんな投稿とそれらしき写真。

確かに真実らしいけど、私には確認の方法がありません。

もし、真実では無かったら?と考えると怖いですねぇ

 

「SNSに晒すこと」=「社会的制裁」、そんな権限を持ってませんから…

SNSに晒すことは、社会的な制裁を求めて行われると思うのですが、そんな大それた権限を私は持っていません。

もっと言えば「晒すこと」=「私的な制裁」ですよね?

「私的な制裁」が横行して、それに溜飲を下げる社会は住みにくいと感じるのですが…

 

私はそんな立派には生きていませんから…

少し書きにくいけど、タクシーの仕事って道交法違反とのせめぎあいのところがあります。

自分の脱法行為をSNSに書き込みするのはダメだと思っている、そんな話は『タクドラのSNS、法律違反は何処まで書いて良いものなのか?』に書きました。

一日の仕事の中で、周りのドライバーや歩行者に迷惑をかけることも多々あると思っています。

また、その中には脱法行為もあるかもしれません。

それらを晒されたとしたら…

そう考えるととても怖いですねぇ。

 

まぁ、私が「晒し」に違和感を覚えているのは、このあたりです…

もちろん、晒される側が悪い!ことが大半ってことは、理解した上でなんですけどね。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

左折レーンのある交差点、直進自転車はどのレーンを走行して交差点を通過するのが正しいでしょうか?

自転車走行のルールには謎なものが幾つかありますが、その中でも代表的と思われるものを紹介して、自転車走行について考えてみたいと思います。

 

一番左が左折レーン、真ん中が直進レーン、一番右が右折レーンとなっている三車線の交差点を自転車で直進して通過しようと思いました。

どのレーンを走行し直進するのが正しいでしょうか?

 

この様な問いに対し、警視庁では「一番左の左折レーンから直進する」のが正しいと指導しています。f:id:shiwa16:20180917155027g:plain

自転車の交通ルール 警視庁

 

もっと書くと、自転車は車道の左側を走行するのが原則なので、上の図にあるような左折レーンの真ん中を走行するのではなく、左側を走行していることになります。

さらに、左折レーンが二車線以上の場合でも、一番左の車線の左側を直進することになります。

 

つまり、この様な交差点を車で左折する場合、直進する自転車にも注意しなければならないのはもちろんのこと、左折レーンを直進してくる自転車に対して、邪魔だ!などと邪険に扱ってはならないのです。

 

でも、やっぱり左折車と直進自転車が交錯するのが原則というのは謎です…

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

引っ越してきました
はてなブログで、2016年6月から綴っていたブログを、2019年2月11日にライブドアに引っ越してきました。

はてなブログからの移行に際して、2019年2月11日以前のエントリーは、一部を除いてライブドア版には移行しませんでした。
以前のエントリーをご覧になりたい方は、下記ブログをご参照ください。

はてなブログ版「1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの」
最新記事
記事検索
ギャラリー
  • タクシードライバーのサイドビジネス事情 その1 タクシー辞めて大丈夫ですか?
  • 都内のタクシーで安直に稼ぐことを考えたときに、思考の分かれ目になりそうな点
  • 都内のタクシーで安直に稼ぐことを考えたときに、思考の分かれ目になりそうな点
  • 戯言です、タクシー業界の強さが失われるとき
  • これからタクシー業界を目指す皆さんへ、コロナ禍のなか良いタクシー会社について考えてみました。
  • 緊急投稿! もし、会社が突然に休眠宣言して、ドライバーを解雇したら… その会社のドライバーだったと仮定して自分がやりそうなことをツラツラ書いてみます。
  • このご時勢だから その2… 社会保険の傷病手当金を知っておこう!
  • このご時勢だから その1… 最低賃金法を知っておこう!
  • 東京のタクシー、配車アプリはどうなっているのか? (私自身の備忘録)
最新コメント
Profile

About me
名前:Shiwa


気がつけば、タクシー乗務を始めて10年と少し経ちました。現在2社目です。
会社によって勤務名称が異なるようですが、14時~16時の間に出庫しています(たいてい16時かな)
1Boxタクシーには、2015年の秋から乗っています。

ご意見・ご感想などは、blogのコメント欄の他、メール、twitterでもどうぞ…shiwa.1764@gmail.com
@Jw7Moyo


Teitterをまとめたblogを作っています。そちらもご覧ください。
「1Boxタクシードライバーのつぶやき」

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
サイトポリシー
「1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの」のサイトポリシーは、こちらのページに記載しています。
「サイト運営のポリシー」

  • ライブドアブログ