このエントリー、本当は3月31日までにアップする予定で準備していました。
それが、4月を過ぎ、あげくに「春の交通安全運動」さえ、始まってしまいました(・・;)


最近、歩行者の死亡事故が複数発生し、そして大きく報道されています。
今年の実数は、統計値がでてからでなければ分かりませんが、これらの報道を受けて、警察が取締りを強化するのは必定です。
それも、道交法38条に定められた「歩行者妨害」は、取締りの強化の筆頭と言っても過言ではないでしょう。

そして、歩行者妨害で取締りを受けるドライバーが数多くいます。そして、私の会社でも、点呼時に取締り事例が報告されることもあります。
そして、歩行者妨害での取締りには、警察官の主観による部分も大きく、取締り事態に納得いかないドライバーが多いのは確かなことでしょう。
しかしながら、警察庁から取締まり強化を謳っています。2019年の4月から、特に取締りが強化されるという話も伝わってきています。

取締りが強化されるのは、右左折時に横断歩道をまたぐ場合や、信号機の無い横断歩道上での事故が多いからに他ならないのですが、私たちドライバーも、歩行者妨害とは何なのか?と問われると、以外と知らないことが多いように思います。
恥ずかしながら私もその一人で、道交法第38条を誤って解釈していました(・_・;)

そもそも、歩行者妨害とは、どの様な違反なのでしょうか?
改めて、考えてみたいと思いました。

そして、もう少し具体的に言うと、下の地図にある、新宿駅東口交番からアルタ前に進行する際にある、歩行者の途切れない横断歩道をどう通過すれば、歩行者妨害にならないのか?
取締りをする側は、歩行者が途切れない横断歩道を車両が通過するにあたって、何を求めているのでしょうか?
これについては、新宿警察交通課に聞いてみました。
決して満足のいく回答ではありませんでしたが、警察の見解も併せて報告いたします。
ご多忙の中、拙い質問にお付き合いいただいた、新宿警察交通課のお巡りさんに感謝申し上げます。


そもそも歩行者妨害とは?

道交法の条文から確認しておきましょう
―――引用ここから---
(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。
2 車両等は、横断歩道等(当該車両等が通過する際に信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等により当該横断歩道等による歩行者等の横断が禁止されているものを除く。次項において同じ。)又はその手前の直前で停止している車両等がある場合において、当該停止している車両等の側方を通過してその前方に出ようとするときは、その前方に出る前に一時停止しなければならない。
3 車両等は、横断歩道等及びその手前の側端から前に三十メートル以内の道路の部分においては、第三十条第三号の規定に該当する場合のほか、その前方を進行している他の車両等(軽車両を除く。)の側方を通過してその前方に出てはならない。
(罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)
(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)
第三十八条の二 車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。
―――引用ここまで―――
太字は、私が行いました。

警察の見解によれば、歩行者等が横断歩道を渡っている場合は、直前での一時停止。そして、横断歩道を通過する際には横断している歩行者を止めてはならない。そうです。
つまりは、横断歩道を渡っている歩行者を止めたら歩行者妨害になりうる!ということです。



歩行者の途切れない横断歩道をどう通過するのか?

道交法38条を厳格に適用すれば、横断歩道を通過する際には、一時停止と歩行者の動きを止めないことが求められます。
しかし、それでは例えば新宿駅東口交番からアルタ前に進行するときにある、一日中歩行者が途切れない横断歩道は、車両はいつまでも通過できないことになります。

あの地点をどう通過すれば良いのか?
新宿警察の交通課に聞いてみました。

結論から書くと…
「歩行者に注意しながら走行してください」ってことでした(・・;)

そして、さらに
「歩行者の動きを止めて、現場にいた警察官が危険だと判断したら、歩行者妨害になります」(^_^;)

パトカーは、どう通過しているのか?という質問には
「現場の状況を判断しながら、危険ではないように通過しています」

歩行者妨害か否か?
その判断は、ドライバーが行うものではなく、現場の警察官にゆだねられる。

書いてしまうと、実も蓋も無い話なのですが、この様な回答を頂きました。

ただ、道交法は「信頼の原則」や「譲り合い」によって成り立っていて、それは自動車を運転する側にも歩行者にも求められる原則だと、強調されていました。

私たち運転する側に求められるのは、横断歩道を渡る歩行者がいたら、まずは停止すること。
そして歩行者の動きを止めないように、十分に譲ること。
それらを確実に履行することではないかと思います。


「そんなことは知っている!」
読まれた方にお叱りを受けそうですが、言葉にするとこのあたりが限界であることをご理解いただければ幸いです。

ところで、道交法では、歩行者等という表記で、歩行者並びに自転車も保護の対象となると書かれています。
しかしながら、自転車の横断歩道の通過方法などを考えると、一概に歩行者と同等に扱われていない現実があるようです。
そのあたりのことは、別の機会にまとめたいと思います。


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ



警官
あれ?ネットで著作権フリーの警官の写真を探していたら、福岡県警と書いてありますね(^^ゞ