私、どうやら理不尽なことが起きると、変なスイッチが入る性格のようです(笑)
それで、損をしてきたこと、選択を誤ったことも多数あるのですが、そういう性格なのですから仕方ありません。

ワンコイングループのイケル氏のブログ、被害届出した、と書いているあたりは、違和感を抱きながらも、少し同情的に眺めていた。
しかし、太郎さんのからのメールの内容書いたブログを読んで「この人何を書いているんだ!?」という強烈な違和感を覚えました。

ブログに偽りを平然と書き、その指摘を無視し続けたのは誰だったのか?その自覚はまったく無いようです。
氏のブログを引用しながら、氏の欺瞞を指摘しておこうと思います。


予めお断りしておきます。
私は、イケル氏がワンコイングループ内でどの様な立場の人間なのか知りません。
それは、本人は広報担当を称していますが、経営への決定権という意味で、どの様な立場なのか知らないという意味です。
それ故に、会社名を出してブログを展開することに若干の躊躇いを感じているのは事実です。
ただ、過去の会長さんのブログを読むと、イケル氏の手法を容認していると読み取れる点も散見されるので、ワンコイングループという社名をあえて出していることを最初に書いておきたいと思います。

また、DMその他の手段をとらなかったのは、都合の悪い指摘を一切無視してきた過去の経緯があるからです。
ただ、この点については、ずいぶんと以前のことであり、私側にDMなり、ブログへのコメントなりを発信したデータが残っていませんので水掛け論になる恐れはあります。
ただ、以前の経緯から、イケル氏にメールやその他の方法でアプローチすることへの不信感を抱いていますので、ブログに公開するという手段をとりました。

もちろん、このブログの文責はShiwaです。
そして、引用しているイケル氏のブログの文責はイケル氏なのでしょう。たぶん…


さて、タイトルから。

私は、ワンコイングループは社会保険料をちゃんと納めていないのではないか?
こんなことを複数回ブログにアップしたことがあります。

そんな疑惑をいまだに抱いています。

1つ目が2017年9月27日(はてな版の拙ブログです)
謎の手取り額(笑)、自社をブラックだと宣伝しているのかな? */ 社会保険料を、まともに納めないことで、手取り額を不当に高く見せて、人集めをしていたんじゃないか?
(記事でリンクしていたイケル氏のエントリーは既に削除されていました)

2つ目が2017年10月30日(おなじく、はては版の拙ブログです)
ワンコインドームは、社会保険料を適正に納めていないようですね(但し、イケル氏の記載が正しかった場合)
(この記事のエントリー先は、私がこれを書いている時点2019.4.28の14時頃では、残っていました。さらに特段の追記のようなものもありませんでした)

この社会保険料について、会長さんのブログに過去の社会保険料に関する不正の告白がありました。
その時期とダブっているのかどうなのか?私は細かい検証をしていませんが、今日現在でその記事を読むことが可能であり、社会保険料に関してなんら説明が加えられていない点では、偽りのデータと言っても差し支えないでしょう。

イケル氏のブログ、開始当初は「サルでも、××手取り40万」そんなサブタイトルがついていました。
その表現自体も、下品なものでしたが、イケル氏がそのサブタイトルの証?として、複数回新人の給与明細を公開していたことがありました。
それに対して、おかしい!という思いで書いたのが上記の記事です。

そのエントリーでも書いている通り、「手取り40万円」というイケル氏の主張は、社会保険料を偽り、住民税が無い段階で、という注釈がつきます。
つまり、イケル氏の話は真っ赤な嘘なんですよね。

嘘のデータで人集めをしていた責任、どうするんでしょうか(笑)?

社会保険の不正を知らなかった…としたら、会社の広報担当失格ですよね。
以前の体制のことだから…と逃げるのであれば、今日現在記事をそのままにして、注釈すら書いていない説明になりませんよね。
いずれにしたって、社会人を少し経験すれば、社会保険料や税金のことは、ある程度分かるはず。
その常識からすれば、ありえない「手取り」を書いていた時点で、おかしいと気付くはずなんですよ。

つまり、書いていることが欺瞞なんですよ。
人集めのために、虚偽のデータをブログに書いた。
この一点だけでも、イケル氏の責任は大きいと思うのです。


そして、太郎さんが、何を指して「情報弱者を集めていた」と書いたのかは、分かりませんが、私はこの一点をもってして、太郎さんの主張は正しい!と思うのです。



さて、今回のイケル氏のブログ…
その中で疑問に思ったことを指摘しておきます。


年収1000万円のタクシードライバーが存在している、存在していたとしても厳しい、そんなやり取りの中で

―――引用ここから―――
2019/04/28 14:40
ご返信ありがとうございます。
アダチさんの年収1千万の件ですが、通常の賃率契約ではありません「名義貸し」とどこでウワサされてるのかこちらは一切分かりませんし、その表現が正しいとは思えませんが、タクシー会社によっては賃率ではない特殊な契約方法があります。
この契約方法が違法であれば、そもそも許認可事業であるタクシー業は運営出来ません。
―――引用ここまで―――
(太字は、私がしました)
引用元は太郎さんからのメール。大阪府西警察署に被害届を提出した件について。


タクシーの賃金体系で、賃率に拠らないものがあるとすれば、「A型賃金」と「リース制」になると思うのですが、さすがにA型賃金では無いでしょう(笑)
つまり、ここでイケル氏が書いている特殊な契約方法とは、リース制賃金だと思うのですが、それなら「リース制」と書けばよいだけのこと。
何で、リース制と書かずに、特殊な契約方法と書いたのでしょうか?

それが、雇用契約の範疇であれば問題無いのですが、何だか、雇用契約の範疇では無いような書き方に感じてしまいます。
それは、ワンコイングループは、先代の時代に「企業内個人タクシー」をメインに謳っていた時代があり、しかしそれが、雇用契約ではなく業務委託契約という指摘を受け、企業内個人タクシー制度は、廃止された。そんな歴史を知っているからです。

しかしながら、イケル氏のブログに「企業内個人タクシー制度」をいまだにやっているの?と疑問を抱くような記述があります。
それとの整合性はどの様に考えているのでしょうか?

―――引用ここから―――
月間の給料手取り70万の先輩は実に偉大やね。オレもそこを目指そうと思う。まず手取り60万や。個人契約っていうやり方がタクシー会社にはあってんなあ。月間の給料手取り60万。営収90万でそこに到達出来る。営収90万っていう事は、税込みで約100万やね。1日4万平均。今はまだキビシイけど、もう少し経験を積めば大丈夫とちゃうかなあ。来年はクルマを持ち込んでやろうと思う。飲食業から転職して本当に良かった。
―――引用ここまで―――
(太字は、私がしました)
引用元 月給手取り70万 2016.10.02

イケル氏の言う、個人契約。
クルマを持ち込んでやる方法。

これこそ、世間一般で言う「名義貸し」そのものなのですが、イケル氏はどう応えるのでしょう?
つまり、噂でもなんでもなく、ご本人が自ら書いているんですよね。


さて、その1は、ここまでとします。


イケル氏の書いてきたこと、それをまとめて指摘すると、ワンコイングループの酷い点がクローズアップされる。
そして、そのイケル氏はワンコイングループの広報担当を自認。
やっぱり、これって何かの悪い冗談としか思えません。


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ


追記のようなもの
裁判するぞ!という人に裁判を起こした人はいない。
何故なら、実際に裁判を起こした人は、その面倒さを知っているから。
そして、裁判を起こす人は、予告無しに突然起こす。

会社潰して、裁判沙汰を多数経験してきた私の教訓のようなものです。
イケル氏の記述とは、まったく関係無いのですが、ふとそんな教訓を思い出しました。

IMG_1464
ん?大阪ドームは関係ないなぁ💦