最初に断っておきますね…
発信には責任を持ちなさい!と言っている人について書くので…
このブログの文責は、shiwaです。


イケルさんがブログに、「被害届を出しました」。そう書いて、それに太郎さんが反応して往復書簡のようなブログも公開されました。
ことの一連の経緯について、私は詳しく知る立場には無い(既に削除されたようですが、太郎さんがご自身で問題だと言われていたブログも今回始めて読みました)のですが、イケルさんの書いた被害届ブログと往復書簡ブログの温度差に、少なからず違和感を覚えています。


既に、お2人は和解されたようなので、蒸し返すのは大人気ないとは思うのですが、違和感の正体を書くことで、イケルさんの酷い対応について、書き留めておこうと思います。

参考にしたブログー共に「大阪グルメタクシードライバー」
大阪府西警察署に被害届を提出。(以下、「被害届ブログ」と略します)
太郎さんからのメール。大阪府西警察署に被害届を提出した件について。(以下、「往復書簡ブログ」と略します)


「被害届ブログ」は、心当たりある人への呼びかけで終わっているが…

最も違和感を覚えたのは、この点です。
イケルさんが書いた言葉を引用しましょう
---引用ここから---
名誉毀損、偽計業務妨害、損害賠償、慰謝料請求・・・。このブログを見てる人で心当たりがある人もいてると思う。警察の捜査が進んで、先になればなるほど、大ごとになると思うんで、大ごとにしたくない人はメールくださいませ。
<---引用ここまで---
「被害届ブログ」の最終段落。太字は私が施しました。

この呼びかけに応じる形で、太郎さんがイケルさんにメールしたと思われます。
そして、その様なことが「往復書簡ブログ」にも書かれていました。
警察の捜査が進めば大事になるかもしれない、と書かれれば心当たりのある人が反応するのは、ある意味で自然なことだと思います。

しかしながら、イケル氏の反応は
---引用ここから---
相手を揶揄する発信をして、その揶揄した相手が見て「ひどい」と思うと、当然刑事告訴や裁判の方向になると思います。ブログを楽しみにしてる人がいてるからといって、相手をイヤな気分にさせるような揶揄する表現は認められる・・・っていう事はないでしょう。刑事事件になるか、民事事件として賠償請求になるかは警察と裁判所の判断になります。私では分かりません。
---引用ここまで---
「往復書簡ブログ」前半、イケル氏の返信部分より抜粋。太字は私が施しました。

表現に事実誤認?と思われる点もありますが、そこは触れません。
申し上げたいのは、「心当たりのある人は名乗りでて!」と「被害届ブログ」を〆ているにも関わらず、名乗り出てきた人に対して、「私は分かりません」と書くのは、あまりにも酷い対応ではありませんか?ということです。

仮に係争中の案件なので、詳しくは書けないのであれば「往復書簡ブログ」をアップする必要すら無くなります。
それこそ、公に発信しないで内々で対応すれば良いのです。
「往復書簡ブログ」をアップする必然性はあったのでしょうか?

少なくとも、イケル氏は、ワンコイングループの広報担当を自認しています。
企業の広報担当者が、「心当たりのある人は申し出て下さい」と呼びかけたにも拘らず、名乗り出てきた人に「私は知りません」と対応したことを発信する。
これって、企業の広報担当者としてどうなの?と感じるのは、私だけですか?


そもそも、イケルさんは太郎さんのブログを知らなかった?

2つ目の違和感は、この点です。
イケルさんの言葉から引用しましょう
---引用ここから---
今回太郎さんからメールを頂いて、本当に驚きました。以下のブログの記事を拝見する限り、刑事告訴や裁判など全く気になさらない方だと思っていました。むしろ「人の目に付く場所」でワンコイングループをバカにする表現をブログ内でしてアクセスを稼がれたようなので、今更お詫びだけでは済まないと思いますが・・・。実際に被害届を提出したり、司法に訴えるのも「それはズルいぜワンコインさんよ」という事でしょうか。いずれにしても発信内容には責任を取ってもらいます。
---引用ここまで---
「往復書簡ブログ」中盤、イケル氏の返信部分より抜粋。太字は私が施しました。

太郎さんのブログ、今では読めないのが残念ですが、ワンコインの会長さんとやり合った様子が書かれていました。
ワンコイングループが太郎さんを訴える!と言っていることに対して、太郎さんが応酬している、そんな内容が含まれていたのです。

太郎さんのブログを読むまでは、太郎さんが書いていたであろう、ワンコインに対する侮蔑的な表現を、ワンコイングループでは把握していなかったんだろう、と勝手に思っていました。
それは、上記に引用したイケル氏の書きようを、太郎さんのブログを知らずに読めば、そう思うのは当然だからです。
なぜなら、明らかにイケル氏も、太郎さんのブログをこのとき初めて読んだ、そんな書き方をしているから…

少なくとも、太郎さんはワンコイングループ内で、訴えられる俎上に乗っていた時期があるようです。(これは、太郎さんのブログからの推測です)
その意味で、太郎さんはグループ内から見れば、要注意人物であるし、要監視人物であってもおかしくありません。
しかしながら、イケル氏の文章から、太郎さんが会長さんと既に揉めていたという事実認識すら読み取ることはできないのです。

初めて太郎さんのブログを読んで、その内容の酷さに驚きながらも、冷静に対応している。
抜粋した部分だけではなく、「往復書簡ブログ」は、そのトーンで統一されています。



あの「往復書簡ブログ」は、何なのか?

もう少し、詳しくケースを分けて分析してみたいと思います。

「被害届ブログ」で訴えた相手が、太郎さんだったとしましょう。
訴えた相手から、詫び状のようなものが届いたときに、企業の広報担当として「往復書簡ブログ」のような対応は、ありえないと思います。

係争中の相手なのですから、そのやり取りを捜査段階で公にするのは、明らかに誤った対応です。
さらに、お二人の和解までブログにアップされているのですから、「被害届ブログ」で訴えた相手が太郎さんで無いことは明らかです。


では、要注意人物がメールを寄越したので、懲らしめる意味を含めて対応したのが、あの「往復書簡ブログ」だったとしましょう。
懲らしめる意味を込めて、抽象的な表現しかしない。
訴えた相手では無いけれど、企業にとって要注意人物が釣れたので、懲罰的な意味合いを持たせよう。
こんな考え方は、一理あります。

しかしながら、そうであるならば、早い段階で太郎さんが企業にとって「有名人」であることを謳わなければ、効果は半減します。
ましてや、明らかに太郎さんのブログが初見のような対応をしていては、懲罰的な意味すら持ちえません。
つまり、「往復書簡ブログ」が会社として懲罰的な意味を持たせたブログでないことも明らかです。

では、何なのか?
様々な推測を巡らせているのですが、残念ながら理解できませんでした。


ただ、少なくとも「被害届ブログ」で、心当たりある人の申し出をよびかけたのに、「往復書簡ブログ」では、まったくその様な対応をしていなかった。
イケル氏の広報担当としての、酷い対応だけが明らかになっただけのようです。

自らの呼びかけに応じた太郎さんに対して、「訴えた相手ではないことを伝え」、そうでありながらも、「同じことを繰り返せば次回以降は分からない」と書くのが、スマートな広報担当としての対応であり、ブログにアップする意味はそこにあると思うのですが…

老婆心ながら…
今のままでは、呼びかけに応じた人に、冷酷に対応する会社。
そんな、やり取りを公にしているだけなのですよねぇ(笑)


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

裁判所


次回予告のようなもの…

ところで、「被害届ブログ」の被害者は誰だったのでしょう?

誰を訴えたのか?ではありません、誰が訴えたのか?
太郎さんは、「被害届ブログ」の被害者は、会社だと読んだから、自ら告白メールを送ったのでしょうが、私は被害者はイケル氏だと思って読んでいました(笑)

そして、それは「往復書簡ブログ」を読んでも、はっきりしていないように思います。

イケル氏のブログは、主体を曖昧にすることが多いように思います。
肝心なところを書かないことで、読み手に様々な想像をしてもらう。
それは、手法として正しいこともありますが、誤っていることもあります。
特に、会社の広報として肝心な点を誤魔化すのは、何か裏があるのか?と読み手に要らぬ誤解を与えることもあります。

次回は、「往復書簡ブログ」でも触れられていた、「特別な契約」について、ちゃんと書かないことの危険性を指摘してみたいと思います。


追記

このシリーズ?に様々な反応をいただきありがとうございます。
普段は、ブログへのコメントなどをそのまま開放しているのですが、いただいた内容によってはコメントの公開を控えさせていただく場合があることをご了解ください。

その理由については、改めてご説明させていただきますが、一言で書くなら「ブログ運営上、責任を負えないコメントについては、公開できない場合もある」ということです。

ブログメディアの特性と運営のバランスについて、日々様々なことを考え、その結果として、様々な基準がぶれる事もあります。
併せてご理解いただければ幸いです。

また、ブログの引用並びに権利関係については、十分に引用指針を尊重しているつもりですが、不十分な点があればご指摘いただければ幸いです。
さらに、イケル氏のブログは、プラットフォームがライブドアブログである点を考慮して、権利関係の整理を行っていることを申し添えておきます。