スマートフォンやSNSの発展は、良い側面もありますが負の側面もあると思っています。

負の一つ、いわゆる「SNSに晒す」行為について私見をアップしようと思いました。

 

Blogの更新は疎かになりがちですが、Twitterへの投稿はRTを含めれば日に何度かは行っています。

そのTwitterのタイムラインを眺めていると、時折「タクシードライバーが違法駐車」だとか「ドライバーが車内喫煙」だとか「乗車拒否」だとかの告発系が見受けられます。

それも、会社名やナンバーの分かる写真を添えて…

 

またこの夏、新東名高速で発生した煽り運転や、それに付随して高速上に車を止めての威嚇行為は、その行為を記録した映像の一部終始がネットに拡散し、結果として、煽り運転並びに威嚇行為を行ったドライバーの逮捕までつながるという事件もありました。

 

違法行為や暴力行為をネット上に晒す行為は、その意味で社会的にも受け入れられてきているのかもしれません。

 

でも、私はこれらの「晒し」には違和感を覚えています。

どちらかと言うと、私の感覚は少数派だと思うので、読まれている皆さまには「こんな考え方もあるんだぁ」程度にお読みください。

 

 

そもそも、そのTLは真実なのか?

誰々が駐停車禁止場所で付け待ち、こんなの許されるのか?

こんな投稿とそれらしき写真。

確かに真実らしいけど、私には確認の方法がありません。

もし、真実では無かったら?と考えると怖いですねぇ

 

「SNSに晒すこと」=「社会的制裁」、そんな権限を持ってませんから…

SNSに晒すことは、社会的な制裁を求めて行われると思うのですが、そんな大それた権限を私は持っていません。

もっと言えば「晒すこと」=「私的な制裁」ですよね?

「私的な制裁」が横行して、それに溜飲を下げる社会は住みにくいと感じるのですが…

 

私はそんな立派には生きていませんから…

少し書きにくいけど、タクシーの仕事って道交法違反とのせめぎあいのところがあります。

自分の脱法行為をSNSに書き込みするのはダメだと思っている、そんな話は『タクドラのSNS、法律違反は何処まで書いて良いものなのか?』に書きました。

一日の仕事の中で、周りのドライバーや歩行者に迷惑をかけることも多々あると思っています。

また、その中には脱法行為もあるかもしれません。

それらを晒されたとしたら…

そう考えるととても怖いですねぇ。

 

まぁ、私が「晒し」に違和感を覚えているのは、このあたりです…

もちろん、晒される側が悪い!ことが大半ってことは、理解した上でなんですけどね。

 

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ