1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなもの&タクシーに関するコラムなど

March 2019

【3/28の乗務日誌】 消化不良と言ってはダメなんだろうけど(・・;)

2019/3/28(木)の乗務日誌
売り上げ  ◎◎◎◎◎◎◎○
営業回数  17回
最高売上  大田区~成田空港 25,000円くらい(経由地までメーター+定額)


本日の最高売上を含めて、1万円越えのお仕事が3つ。
そして、最後に成田空港へのお送りの予約。
あがりは、込みの79k…
普段の売上を振り返れば「消化不良」なんてタイトルをつけてはダメなのは分かるのですが、感覚的には「消化不良」で終わった感じでした(・・;)

たぶん、これって1時過ぎにこの日2つ目の1万円越えのお仕事を終えてから、予約のお送りに待機するまでの時間帯伸び切れずだったからなのですが、そのあたりはウデの無さを感じてしまうところです。

さて、振り返りましょう。
年度末で渋滞が予想されていた通り、混んでました(笑)
そして、都心付近までノーヒットで行ってしまい出だしはスローペースでした。
それでも、年度末です。
17時過ぎくらいからは、ひっきりなしにお客さん。
そして、この日一つ目のハイライトは、19時過ぎに売上が1つになったところで、さいたま新都心までのお客さんと巡り会ったところ。
これで一気に売上は積みあがりました。

新都心の帰りは、そのまま羽田に直行(この選択は誤りだったかな?)
羽田は、60分待ちで元麻布。3つになったところで日付を越えました。

そして、この日2つ目のハイライト。
赤坂から、個人タクシーの空車列ではなく流している私に手が挙がり、何ヶ所か回って行徳。
これで、1時過ぎに42kになりました。
このときは、8つは固い!と思ったのですが、浅はかでした。

このあとは、
2時過ぎに赤坂~南麻布
2時半に六本木~広尾
3時前に赤坂~芝浦
そして、直ぐに越中島。
4時過ぎに青山~碑文谷までで54k。これで朝の予約への待機時間になりました。

うーん、繁華街を避けているわけでも無く、行かないところを「グッと」狭めて、いたのですが、もう少しテンポ良く乗せられないとダメなんだろうという感じでした(^^ゞ

さて、この日で年度末の繁忙期の平日乗務もオシマイ。
もう少し年度末らしさを味わいたかったのですが、こればかりは仕方ありませんね。

本日、土曜日の乗務は、お花見大作戦!でも敢行しますか…


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

行徳駅

【3/26の乗務日誌】 組み立てが難しい日でした(・・;)

2019/3/26(火)の乗務日誌
売り上げ  ◎◎◎◎◎◎○
営業回数  24回
最高売上  恵比寿~駒込 6,000円くらい


年度末の繁忙期の平日は、この日を含めてあと2回の乗務。
30日のお花見需要を入れても、あと3回でまた閑散期になってしまいます。
今年の年度末は、あまり年度末らしい仕事(明らかな送別会終わりのお客さんとか)をしていないままに終わりそうです。
それでも、少しでも上向かせておかないと、4月から厳しいので、何とか!と少しだけ意気込んで出社したのですが…

あまり詳しくは書けませんが、翌朝の予約票を見て、組み立ての難しさに少しばかりの焦りを感じていました(^_^;)
その仕事で、たぶん帰庫の時間になってしまうのですが、本日の最高売上のお客さんでもない…
それでお察しください(笑)

4時半過ぎに羽田空港に並んで、90分待って6千円くらいの仕事をして、予約に備える。
朝の仕事は、この2つで12kくらいだから、それまでに最低でも48kは作っておきたい。
その為には………
こんなシミュレーションを立てて出庫しました。

ペースは良かったように思います。
1組目から3千円台のお客さんに都心に連れて行ってもらい、21時過ぎに駒沢公園の近くまで来たので、そのまま下道で羽田空港に、23k持って向かいました。
羽田空港も繁忙期なので、60分待ちで自由が丘。
そして、都心に戻って日付は29kで日付を越えて、本日最高売上のお客さんに巡り会えて…

でも、良かったのはここまでかな(^_^;)
六本木や西麻布を流してみますが、お客さんになかなか巡り会えず、時間ばかり経過していて…
2時半過ぎに、西麻布~祐天寺に行ったくらいじゃなかったでしょうか…

その後は恵比寿を流していて、武蔵小杉までのお客さんに巡り会えて、何とか49kまで届いたので、帰りはそのまま空港へ。
2時間待ちだったのは、想定外でしたが銀座までのお客さんで6千円。
それから、予約待機に向かい、予約の仕事を終えたのが9時過ぎ…
都心に向かう道路は混んでいたし、そのまま帰る方向に鼻先を向けて走らせていたら、お客さんが走ってきて「銀座」。
これで、6つの税金もクリアして、今度は慌てての帰庫になりました。

いくつかのスマッシュヒットに救われましたが、深夜帯が予想以上に厳しかった1日でした。

さて、今日(28日)はどうなのでしょう?
翌朝が年度末の金曜日なので、道路の大混雑は予想できるのですが…


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ


komagome

「ゾーン30」と移動式オービス

今年は、諸般の事情により春の交通安全運動が5月の連休明けに実施されるようですが、街中はすでに厳しい取締りが日常茶飯事の光景になっています。
今年の春の交通安全運動で最も厳しい取締り対象となるのは、横断歩道上の「歩行者妨害」である、と言われています。
このブログでも、「歩行者妨害」については、近々にアップする予定で、様々な実例を集めていますので、それをお待ちいただきたいと思うのですが、もう1つ、見落としてはならないのは「ゾーン30」区域内におけるスピード違反の取締りであろうと思います。

すでに警視庁管内のとある警察署では、「ゾーン30」区域内での取締り強化と、移動式オービスの設置が予告されています。

移動式オービスについては、数年前に実証実験の予告がなされていましたので、ご存知の皆さまも良い多いと思いますが、いよいよ警視庁管内で移動式オービスを用いた本格的なスピード違反の取締りが始まることになりそうです。


さて、ここからは不穏当な表現になるかもしれません。特に、スピード違反を奨励する意図も、その範囲のスピードであれば違反しても良いという意図も書き手にまったくありません。
もし、その様に受け取れるとしたら、書き手の文章力の拙さとご容赦ください。

設置型のオービスだとか、白バイやパトカーによるスピード超過って、どの程度から違反として取締りの対象となるのでしょうか?
警察の見解では(実際に電話で確認しました)、5km/h以上の速度超過であっても、違反は違反というスタンスですが、現実はもう少しのバッファーがあるのは、感覚的に知っている人も多いのではないかと思います。
取締りを受けた実例で考えると、一般道路だと20km/h超過あたりから取締りを受けるケースが多いのではないかと思います。
また、首都高速などの自動車専用道路では30km/h超過あたりから取締りを受けるケースが多いように思いますが、首都高速や京葉道路では60km/hの制限速度で約80km/hで走行中に取締りを受けたケースもあります。

では、移動式オービスでは、どの程度の速度超過から取締りの対象としているのでしょう?
これは、ネット上の記事ですが、移動式オービスの実験段階で15km/hの超過で取締りを受けたという実例が報告されていました。

さて、一般の40km/hや50km/hの道路での取り締まりは、スピードを抑えて運転するクセをつけてしまえば、さほど気にすることは無いのではないかと思っています。

問題なのは、30km/hの制限速度の道路で、比較的道幅が広い道路のケースです。
先ほどの「ゾーン30」区域内には、いわゆる住宅街の道路で見通しも悪く、30km/hの制限速度で走行するのに運転していて速度超過を意識しなくても良いケースもあります。
しかし、特に学校周辺の比較的道幅も広く片側一車線以上の道路でありながらも、30km/hの速度規制のなされている道路では、速度を必要以上に意識しないと、直ぐに超過してしまう。
または、周辺の車は明らかにスピード超過で走行しているので、スピードを抑えることが難しい。
そんなケースもあるのではないかと思います。

上に書いた移動式オービスの設置が予告されているのは、まさにそんな道路なのです。
道幅が広く、30km/hの規制区域内であっても、ほとんどの車両が制限速度を守っていないような道路が、移動式オービスに狙われているのです。

さて、「ゾーン30」区域内での移動式オービスはもどの程度の速度超過から取締りの対象にするのでしょう?

こればかりは、実例が無いので、推測でしか書けませんが、10km/h以上の超過は取締まりの対象となる!と考えていた方が良さそうに感じています。
そして、改めて、この様な取締りが強化されるのであれば、自身の運転にクセをつけて、「ゾーン30」区域内では、速度超過をしない!くらいの感覚で臨まないと、自身の免許証を守ることはできないのかもしれません。

先日から、「ゾーン30」区域内での速度厳守のクセを付けようとする運転を試みているのですが…
これ以上は、公の場なので書くことを躊躇しますが、難題ですねぇ(^^ゞ


【参考】
ゾーン30とは?(警視庁のホームページです)


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

オービス

オービス2


【3/23の乗務日誌】 土曜日の深夜帯と日曜日の朝と(・・;)

2019/3/23(土)の乗務日誌
売り上げ  ◎◎◎◎◎
営業回数  25回
最高売上  羽田空港~世田谷区定額 8,300円


自己紹介欄にもある通り、私は夕方の点呼を受けて、翌日の昼近くまでというシフトで乗務しています。
当たり前なのですが、土曜日の乗務では日曜日の朝にも仕事をするわけで、この時間帯の伸びはさほど期待できません。
ならば、乗務開始時間を少し早くすれば良いのでは?という声も聞こえてきそうですが、様々な事情でそれも難しく…
この勤務スタイルで土曜日の乗務を乗り切ろう!となるのです。

そうなると、大切なのはスタートダッシュ。
終電の時間までにいくら持っているのか?が大切になってきます。

この日は、なんだかんだと0時に29kだったので及第点だったと思います。
でも、その後は4時半に42kと伸びきれず、朝も1つしか積み上げられずにタイムアップ…
日曜日の朝はある程度仕方ないとしても、やっぱり深夜帯のやり方を考えないとダメのようですね(^^ゞ

さて、振り返りましょう…
出だしは渋滞もあってスローな展開でした。
付け待ちもところどころで取り入れますが、回転が良かっただけでした。
それでも、21時に2つに届いたので、休憩を兼ねて食料を買い込んで羽田空港に並びに行きました。

羽田空港は75分待ち。
これが本日最高売上のお客さんでした。
ようやく閑散期を脱したように思います。
そして、上にも書いたように29kにて深夜帯に突入しました。

ところで、この土曜日は飛び石の4連休の3日目の色が濃かったように感じます。
いつもなら土曜日でも動いている会社の動きが鈍く、先週に大きな仕事をした某所も流れが悪く離脱でしたし…
付けようと狙った場所は空車列が長く挫折していたので、流していたのですが、この時間帯に5回しか仕事ができていないので、ウデの無さを示してしまいました(^^ゞ

4時半に仮眠の為ダウンしたときは42kでした。

さて、問題の朝ですが、仮眠から目覚めてもグズグズしていて復帰は6時半過ぎになってしまいました。
そこから某ホテルに付け待ち…
ここは、1時間近くの待ち時間があって、3桁のお客さん。
一発狙いのときは、良くあることですね。

その後も流しとホテル付けとを織り交ぜますが、朝の時間帯で1つやるのが精一杯でタイムアップでした。

振り返れば…
一発狙いの日曜日の朝に当たらないのは、良くあることなので、やはり問題なのは深夜帯なのでしょう。
前回も書きましたが、行きたくないエリアには行かない(笑)。その中でどう工夫するのか?には限界が来ているのかもしれません。
少しだけ範囲を広げて対応を考えないとダメな時期なのでしょう。

でもなぁ、トラブルのトラウマは大きいからなぁ(笑)


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

chitofuna

4月1日から有給休暇取得義務化! タクシードライバーへの影響を様々考えてみました。 その1-基礎編

2019年4月1日より、改正された労働基準法が施行され、中小零細企業を含め新しいルールが適用されるようになります。
その中で、タクシードライバーにとって最も影響が有ると思われるのは、5日間の有給休暇の取得義務化ではないでしょうか?

企業風土によっても異なりますが、有給休暇の取得に関して「いい顔」をしないタクシー会社は多いと思われます。
また、有給休暇を使ったことの無いドライバーも多いのではないかと思います。
そんな、タクシー会社にとっての「鬼っ子」の有給休暇について、特に有給休暇の取得をしていないドライバー向けに、ドライバー目線から有給休暇について考えてみたいと思います。

思いの外、書くことが沢山あったので、2回に分けてアップします。
初回は、基礎編として、知っておいて欲しいことをまとめてみました。


そもそも有給休暇とは…

労働基準法第39条に定められた、労働者の権利です。
通常勤務の場合、その名称を問わず、半年以上勤務した労働者(試用期間を含めた入社日基準です)に対して、年間10日。それ以降は、1年毎に、11日・12日・14日・16日・18日・20日と付与され、7年目以降は毎年20日間の有給休暇が付与ます。
隔日勤務のドライバーの場合、1乗務取得すると2日分の有給休暇を消化したことになります。
取得しなかった有給休暇は、翌年に繰り越すことができます。ただし、翌々年には繰り越すことができずに消滅してしまいます。
時短乗務員(会社によって名称が異なりますが、いわゆる「8勤の乗務員」)も、取得日数可能日数などは異なりますが、年次の有給休暇は発生しています。


有給手当とは…

有給休暇を取得した際に支給される金額のこと。
通常の月給制の会社であれば、有給休暇を取得しても支給される給与総額は変わらないケースがほとんどですが、タクシードライバーのように稼ぎに応じた賃金の場合、有給休暇取得時は有給休暇手当を支給して、補填する方法がとられます。
補填される有給休暇手当の方法は以下の3パターン。
1.平均賃金
2.所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金
3.健康保険日額
これは、就業規則に定めがあるので、どのパターンで有給休暇手当が計算されるのか?ご自身の会社がどのパターンで計算するのか、確認が必要です。


有給休暇を取得すると、総支給額が減る!?

一般的に、有給休暇手当が1.平均賃金・3.健康保険日額で計算される場合、有給休暇を取得すると取得しないで働いた場合よりも、総支給額が減ります。
平均賃金とは、3ヶ月の総支給額をその総日数で割ったもの(イメージとしては、3ヶ月間の総支給額を90日で割ったもの)と、3ヶ月の総支給額を総労働日数で割ったものの6割の高い方が採用されたものです。
また、健康保険月額を30(日)で割ったものです。
いずれの方法も、その月の総日数で割るので、1日あたりの支給額は減ってしまいます。

少し分かり難い(書いていてもそう思います)ので、具体的に計算してみると…
毎月、総支給額が44万円だとしましょう。
毎月の乗務数は11日。
3ヶ月の総日数が90日だとします。
この場合、

1.平均賃金だと、下記のいずれかの高い方になります。
・総支給額を総日数で割ったもの
44万円×3ヶ月=132万円
132万円÷90日=1.466万円

・3ヶ月の支給総額を総労働日数で割ったものの6割
44万円×3ヶ月=132万円
132万円÷66日(11乗務×2日分×3ヶ月)=2万円
2万円×0.6=1.2万円

この場合、1.466万円>1.2万円なので、平均賃金は1.466万円となります。

2.所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金だと
44万円×3ヶ月=132万円
132万円÷66日=2万円
2万円が有給休暇手当となります。

3.健康保険日額だと
14670円(健康保険日額表より)が有給休暇手当となります。

つまり、通常働いていれば1日あたり2万円の支給を受けるはずが、有給休暇を取得し、その計算方法が、1.の平均賃金や3.の健保日額の場合、総支給額が減ってしまいます。

所定日数を隔日勤務で11日基準で計算しましたが、12日の会社だと計算結果が異なります。
ご自身の会社がどうなっているのか?ご確認ください。


乗務しているのは所定日数だけですか?

所定日数が隔日勤務で12日あるいは11日の場合、有給休暇は所定日数を割った乗務にならないと発生しません。
所定日数12日では11乗務に、所定日数11日では10乗務になってはじめて有給休暇が取得できます。
隔日勤務の場合、月間13日まで乗務可能なので、ドライバーの中には毎月のように13乗務しているドライバーも多いと思います。
その場合、公出乗務分も乗らず、所定の乗務分からも割らないと有給休暇が取得できないので、取得のハードルは高いのではないかと想像しています。


賃金体系との関係

会社によっては、所定乗務日数を割り込むと、割り込んだ理由の如何を問わずに賃率が下がる会社があります。
つまり、有給休暇を取得すると、賃率そのものが下がる場合があるということ。
これは会社によって異なりますので、ご自身の会社がどうなっているのか?ご確認ください。


どう取得するのか得なのか(損をしないのか)?これが次回のテーマです

会社によって有給休暇取得への様々なハードルがあると思いますが、4月1日に法律が変わり、各々のドライバーの有給休暇発生基準日から1年間で、5日間(隔日勤務だと2.5乗務分)の有給休暇を取得しなければならなくなります。
また、取得を妨げた事業所には、最高で30万円の罰金が科せられることからも、各会社で有給休暇の取得を推し進めていくことになるでしょう。
ただ、有給休暇を取得すると、総支給額が減ってしまう会社が多いのも確かなこと。
それらの現実を踏まえながら、どう5日間の有給休暇を取得すれば良いのか?を次回考えてみたいと思います。


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

追記
以前、私は健保日額が有給休暇手当の中で一番低い額になると思っていました。
そして、ツイッターやブログにそう書いたこともありましたが、実際に計算してみるとそれは事実と異なっているケースもありました。
この場を借りてお詫びいたします。


yukyu


引っ越してきました
はてなブログで、2016年6月から綴っていたブログを、2019年2月11日にライブドアに引っ越してきました。

はてなブログからの移行に際して、2019年2月11日以前のエントリーは、一部を除いてライブドア版には移行しませんでした。
以前のエントリーをご覧になりたい方は、下記ブログをご参照ください。

はてなブログ版「1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの」
最新記事
記事検索
ギャラリー
  • あの「トマトの焼酎割」事件に対する日本交通の謝罪が、謝罪になってないんじゃない?と思える件について
  • イケルさん、それはひどい対応ですよ! 被害届について心当たりがある人がせっかく名乗り出たのに…
  • この交差点、どうやって通過する? 歩行者妨害について考えてみました。
  • 就業規則違反で、解雇も可能な場合でもパワハラなのか? イケル氏の記述への疑念に対しての質問に答えます。
  • 雇われ人がSNSに「ヘイト」や「暴言」を避けた方が良い理由 その1
  • ドライバーを辞めさせるのが簡単と嘯く、それってパワハラだって知ってましたか? イケル氏のブログへの強烈な違和感 その2 パワハラ編
  • 偽りのデータで乗務員を集めていませんでしたか? ワンコイングループのイケル氏のブログへの強烈な違和感。 その1 手取り40万円の謎
  • 【4/25の乗務日誌】 ロングの予約を頂いたとき、それを越える仕事をしたいと願うのです。
  • 【4/23の乗務日誌】 成田送りの予約のお陰で…
最新コメント
Profile

About me
名前:Shiwa


気がつけば、タクシー乗務を始めて10年と少し経ちました。現在2社目です。
会社によって勤務名称が異なるようですが、14時~16時の間に出庫しています(たいてい16時かな)
1Boxタクシーには、2015年の秋から乗っています。

ご意見・ご感想などは、blogのコメント欄の他、メール、twitterでもどうぞ…shiwa.1764@gmail.com
@Jw7Moyo


Teitterをまとめたblogを作っています。そちらもご覧ください。
「1Boxタクシードライバーのつぶやき」

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
サイトポリシー
「1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの」のサイトポリシーは、こちらのページに記載しています。
「サイト運営のポリシー」

  • ライブドアブログ