先の見えないコロナ禍で、タクシードライバーも苦境ですね。
私も、こんなに先が見えないのは初めてなので、どうやって乗り切るのか?思案しているところです。

精神論で語ればどなたかの言葉ですが
『先が見えないときには先を見なければ良い』という考え方が好きです。
まぁ、重く考えても軽く考えてもなるようにしかならないので、流れに身を任せていくしか無いのですが…

そう言いつも…
理論武装と公的に頼れる先は必要だと思っているので、まずは理論武装のお話からしようと思います。


売上ができないから会社を辞めるべきか?

最近、Twitterをながめていると、「売上が上がらないから、会社を辞めて失業保険で食いつなぐ」こんなつぶやきを見る機会が増えてきました。
気持ちは分からなくもないですが、この考え方には賛同しません。

それは、会社に勤めている以上、会社にしがみついていた方が、保障が大きいから!なのですが、それを具体的に考えてみたいと思います。


法人のタクシードライバーは、最低賃金は保障されている!

東京都の今年の最低賃金は、時間あたり1,013円です。
これは、残業や深夜割増賃金を除いた素の金額です。
これは、賃金体系が完全歩合であろうと無かろうと、関係なく保障されている金額です。

隔日勤務の場合会社によって、月間の最低出番数が異なるので、単純な計算は難しいのですが、11乗務だと2時間強、12乗務だと3時間半前後の残業時間を加えて、1出番21時間以内の拘束時間になり、月間では262時間(繁忙期は270時間)が最大拘束時間になっているのが、厚生労働省が定めたルールです。
これに、出番ごとに3時間の休憩が必須ですので、その休憩時間を除いた時間が働いた時間になります。

例えば、月間11出番の法人ドライバーの場合
毎出番、21時間の拘束時間を使い切って帰ってきたとすると、
21時間―3時間(休憩時間)=18時間
18時間×1013円×11出番=200,574円
となり、足切り未達成でも、200,574円は保障される計算になります。

実際には、これに残業代
11出番×2時間×1,013円×0.25(割増率)=5,571円

深夜勤務代(深夜帯に休憩を取らず、深夜帯をすべて働く勤務形態の場合)
11出番×7時間(22時から5時まで)×1,013円×0.25(割増率)=19,500円

これらが加わりますので
200,574円+5,571円+19,500円=251,790円
これが最低限保障された金額になります。

さらに、月間拘束時間の262時間ギリギリまで働こうと公休日に出勤した場合
262時間―11出番×18時間=31時間 なので2出番でこなしたとすると、休息時間が3時間ずつ必要なので、25時間働いたことになります。
25時間×1,013円×1.35(割増率)=34,188円
これに深夜帯が加わればさらに割増になります。

つまり、月間拘束時間を最大限働けば、285,978円は保障されていることになります。

先ほども記しましたが、これは最低賃金法から計算した、最低保障の賃金です。
足切り未達成とか、完全歩合とか、会社ごとに定められている決まりとは関係なく、働く者すべてに保障されているものです。

この計算は理論値ですが、まずはこの金額が最低賃金として保障されていることは知っておいて損は無いと思います。
これを前提とした場合、会社を辞めるという選択肢は無くなるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

次回は、社会保険による補償のお話を書きたいと思います。


ただし…
労働時間の計算方法は会社によって異なります。
付け待ち時間は労働時間として認められていますが、実際は休憩時間として労働時間からカットしている会社も多いと聞き及びます。
それらは、各会社の就業規則などで確認してください。

また、最低賃金法では、この様な計算ができますが、実際に様々な理由をつけて、その金額を支払っていない会社も多いようです。
その為にも、自身の勤務時間を記録するデータを各自で保管しておくことは自己防衛のためにも必要だと思います。



ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ


参考
最低賃金額以上かどうかを確認する方法 (厚生労働省のHPより)

最低賃金