前回のエントリーも今回のエントリーも大半の会社では、副業は就業規則違反となって懲戒の対象になる恐れがあります。
その点は、ご承知おきください。


タクシードライバー職の利点は、残業時間を含めたとしても拘束時間が決まっていること。
十数年前にこの仕事を始めたときに、それは強く感じました。
それ以前は、勤め人時代は徹夜の連続で、タクシーでの帰宅が当たり前の生活をしていたので、「これ以上働くと怒られる」という感覚は、とても新鮮でした。
裏を返せば、時間のやりくりがつきやすいことにもなります。

さて、今回は私の周辺のタクシードライバーがどんな副業をしているのか?具体的に書いてみたいと思います。


やっぱり現業系が多いのかな?

軽貨物配送
運転代行
レンタカーの回送
などなど、やはり運転にかかる仕事が多いようです。
最近ではこれにUBER Eartsが加わっているようですね。

いずれの仕事も、報酬体系がどの様になっているのかはともかくとして、時間お金に変えている点では、時間を費やせばある程度の収入が得られるので簡単に始められるようですね。

何かの偶然なのかもしれませんが、私の知っている範囲ではレンタカーの回送が多いように思います。
報酬はあまり高くないが、自分で稼動する時間を選べるのが魅力だと聞いたことがあります。

ただ、運転を副業とする場合、月間のハンドル時間を越えると過労運転になるのは言うまでも無く、それ故にタクシー会社では副業を禁止していると聞いたことがありますので、その点は予め理解しておく必要があると思います。



ネット系や金融系も

ブログアフィリエイト
株式投資
FX
仮想通貨取引
などなど、時代の流れなのでしょうか、こんな副業も多く聞くようになりました。
また、SNSをやっているドライバーには、FX取引をやっている人も多いように感じます。

これらは、時間を費やしたから稼げるようになるとは限らない一方で、ヒットすれば比較的短時間で収入を得ることができるので、ドライバーでもやっている人が多いのでしょうか?


このシリーズ、もう少し深堀りしてみたいと思いますので、次回も続きます。

rental
ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ