タクシーブログの更新をすっかりサボってしまっていますshiwaです。
Twitterの更新はボチボチしていますが、ブログは2ヶ月以上ぶりですか…

ドライバーブログランキングの上位にいる東京のドライバーさんが、タクシーを降りてしまいコロナの影響を大きさをあらためて感じています。
かくいう私は他にできることが無いので、この業界にしがみつけるだけしがみつこうと思っています。
以前から思っていたのですが、タクシードライバーという仕事は、ある意味で最後の砦なのです。
だから、どんな事情があるにせよこの仕事を卒業できるのは、おめでたい事だと思います。

「この仕事を卒業できる」ということは最後の砦の手前に身を置くことができたのですから、それだけセーフティな立場になのです。

自分のことで書けば、コロナ禍で激減したとはいえ、この年齢でこの収入を維持する仕事を探すのは、不可能に近いと思っていますので、先ほど書いたように来年以降もしがみつけるだけしがみつくしかないと思うのです。

--閑話休題

ところで、このブログを見返したのですが、乗務日誌を最後に書いたのが2019年の6月。
それ以降は、乗務日誌を書かなくなりました。
今ですら、都内ではミニバンタイプのタクシーも増えましたが、それでも圧倒的少数派です。
そのドライバーがブログを書いている以上、お客さんの目に触れないとも限りません。
そのときに、私に他意がなくても表現が稚拙であるが故に、お客さんを傷つけてしまう可能性が無いとも言えません。

例えば、当日一番長いお客さんのこと「ここまでできていなかったので、大変助かりました」と表現したとしましょう。
それじゃあ、そのお客さん以前にご乗車いただいたお客さんは「助かってないのか?」と考えだしてしまい、その様なことは無いのですが、迷宮に入ってしまった様な感覚に陥ってしまったのが、その頃のことでした。
それ以来、乗務日誌がブログに書けなくなってしまったのです。

たぶん、この病(笑)は来年も継続するでしょうから、乗務日誌はブログには書けないかな…
でも、書けないながらも、タクシー稼業では大きな方向転換をした2020年のことは何らかの形で残しておきたいと思っています。

あらためて、自分は面倒くさいドライバーなんだと自覚したのが2020年でした。
以前も書いたと思うのですが、20代中盤から十数年、私自身がタクシーのヘビーユーザーでした。
タクシードライバーになったときに、そのときに感じた嫌なことはお客さんに絶対にしないと自分自身に誓いました。
でも、そうすると窮屈なんですよね(笑)
それでも、窮屈な方が良いと思っていて、ストレスが少ないのだから仕方ありません。
こんな話の具体例をいくつか書いてみたいと思っています。
お客さんから見たときに、ドライバーにこんなことはして欲しくないんだよ!って話を…


そしてお金の話も…
タクシー稼業で伸ばすか、サイドビジネスを組み合わせて何とか収入を確保するのか…
私自身は、後者つまりサイドビジネスを組み合わせての収入確保を目指しているのですが、それらのことをそろそろ書いても良さそうな段階まできたと思っていますので、私自身のやっていることを整理しつ紹介したいと思っています。

そしてやっぱり業界のことも…
2020年は、この業界にとっても転換点になりそうですね。
しがみつく為にも、業界動向をウォッチし続けることは大切だと思っています。


ここに書いたことをどれだけ書けるのか分かりませんが、そんな気持ちで今年を振り返ってみました。

本当に2020年は大変な一年でしたが、この経験が糧となって来年以降に良い方向で結実することを祈りましょう。
本年中は、お世話になりました。来年も、この稚拙なブログをよろしくお願いいたします。

sl


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ