1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの

都内を走る1Boxタクシーの乗務日誌、タクシーブログのようなもの&タクシーに関するコラムなど

ライドシェア問題について

ギグエコノミーの光と影

久しぶりのブログ更新のタイトルが「ギグエコノミー」でスミマセン(^_^;)


前提・契約の自由と労働法制の関係について

さて、前提として労働法制の話に触れておきたいと思います。
日本に限らず、労働者を保護する法律は各国に存在しています。
一方で、契約の自由も様々な国で保障されています。

契約の自由は保障されていながら、雇用主と労働者の間の契約には、一定の制限が加わる。
これが、労働法制の実情です。

何故、この様に制限が加わるのか?といえば、契約の一方が強者である場合、弱者である労働者に不利益な契約も自由に締結できてしまい、契約の自由の本来的な意味である、契約当事者の対等性が保たれなくなるからです。
また、対等な当事者が契約の主体である、という考え方は、労働法制だけでなく独占禁止法など他の法律にも共通している考え方になっています。

ここまでを前提として…


従来の労働法制でカバーできなかった範囲

ギグエコノミーの一番輝かしい部分は、従来の労働法制でカバーできていなかった、超短期・単発の仕事に光を当てたことだと思っています。

空いた時間に手軽に稼げる。
長時間働くことはできなくても、数十分から一・二時間なら働けるというニーズに光を当てたことは、評価されるべきポイントだと思っています。

しかし、評価できるのはこの一点だけでしょう。


偽装請負としての脱法性

本来、ギグエコノミーは、連続して働くことを前提にしていないものでした。
しかしながら、その発達過程において、連続して働くことを前提にした仕組みに衣替えをしていきます。
この点は、20年位前に流行った偽装請負と同列に語って良いと思います。

何故、単発だけだったものが連続して働くことを前提とした仕組みに衣替えをしたのか?
これは、IPOを目指し、スケールを求めたプラットフォーマー判断によるものが大きいと思いますが、乱立するギグエコノミープラットフォーマーが、いずれもスケールを求めている点を考えると、GAFAから受け継がれる、遵法意識の希薄さが関係しているのかも知れません。
この点は、別に考察が必要だと思っています。

いずれにしても、保護されるべき働き手が、単発の繰り返しによって、その保護を逃れるというのは、脱法行為以外の何者でもありません。
しかしながら、ギグエコノミープラットフォーマー企業は、単発の繰り返しであること、単にマッチングしているだけであることを隠れ蓑に、その脱法性を認めることは無いのが実情です。


責任の所在は?

Uber Eatsを例に考えてみましょう。
単なるマッチングであるとすれば、飲食店側に働き手を保護する必要性が生まれてきます。
そして、その費用負担は飲食店側が負うことになります。
しかし、残念ながら飲食店側がその責任を負う仕組みにはなっていないようです。

それでは、プラットフォーマーであるUber Eatsは責任を負うのでしょうか?
これも、残念ながら期待薄といえるでしょう。

何故なら、企業が負うべき責任を放棄した仕組みであるから、その分の利益が出るわけで、この利益モデルを放棄するとは思えないからです。

さらに、ライドシェアではどうなのでしょう?
Uberなどは、ドライバーは従業員ではないとして、企業であれば本来負うべき責任を放棄していますが、各国の潮流は労働法制からの脱法行為を許さない方向に傾きつつあります。

これらの法的な結論が確定するまではもう少し時間がかかりそうですが、これらはギグエコノミーの影として認識されつつあるのが現在地点だと思います。


ギグエコノミーの光はどうなるのだろう?

ギグエコノミーの進化は、新しい働き方を示す萌芽は持っていると思います。
たた、それが脱法行為に支えられたいびつな形で進化していては、限界点に到達するもの早いと思います。

働く人への保障を確立すること。
それは、報酬だけでなく労働災害への保証を含めての話なのですが、それが受益者の負担となって跳ね返れば利便性が失われる。
そのバランスの確立を急ぐ必要があるのではないかと思うのです。

そう考えると、参入できる分野も限られてくるのではないでしょうか?



ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ


eats

CREWを何回も利用するなら、謝礼は「0」でないと事業自体が非合法に転落する可能性が大きい!

CREWのビジネスモデルが出る合法か非合法かを問われると、たぶんグレーなのだと思います。
かろうじて、謝礼という曖昧な仕組みを利用する事で、道路運送法の事業では無い!という強弁をしているに過ぎないからです。

想像を織り交ぜますが…
CREWの運営会社が国土交通省に説明した際、クルーは謝礼の請求もしないし、お客さんので任意に過ぎない!と論を張ったのでしょう。

一方で、クルーを集める際には、ある程度の謝礼は期待できる!と説明したと推測できます。
CREWのクルーのSNSを見ていると、謝礼が無い事への恨み辛みがあふれている事からも、その推測の確度は高いと予想しています。

しかし、このような運営会社の二枚舌のようなスタンスはでなければ、クルーは集められないのでは無いか?と想像致します。

ところでCREWの運営会社は、クルーに支払われる謝礼の多い少ないは関係ありません。
お客さんから収受するのは、システム利用料とガソリン代の実費と謝礼となっていて、ガソリン代と謝礼がクルーに渡るようになっているので、運営会社の実入りは、システム利用料だけとなっています。

一方で、クルーにはガソリン代の実費と謝礼が運営会社を通して支払われます。
クルーが、CREWをサイドビジネスと考えていたら厳しそうですが、運転好きの趣味であれば、謝礼が無くても許せる人もいるのでしょう。

いずれにしても、私の理解力の範囲では、クルーは運営会社にライドシェアの旗手と持ち上げられたけど、話が違う!とご自身の判断を棚に上げて、文句にならない文句を言っているように思えてなりません。


さて、タイトルですが…
CREWの運営会社が強調しているのは、一般旅客運送業では無い!という点です。
では、CREWの運営会社がそのように主張できる根拠はどこにあるのでしょう?

この場合、着目すべきは「業」という文字です。
そして運営会社は、この仕組みは「業」では無い!という主張をしているはずです。
では、細かいですが「業」とは何でしょう?

一般的には、収益と反復性がその構成要素と言われています。
例えば、友人に頼まれて宿の予約をして、謝礼をもらった場合。
収益の要素は満たしますが、反復性の要素を満たしていないので、「業」にはなりません。

このケースで、同様の行為を繰り返した場合、厳密には、「業」にあたり、この場合なら旅行業の登録が必要になります。

この「業」の定義を、謝礼という不確実なものだから反復性が無いとすり抜けたのでしょう。

つまり、謝礼の定着や反復は、繰り返されれば繰り返されるほど、CREW運営会社が国土交通省に説明した内容と乖離していくのです。

CREWの運営が継続するためには、謝礼が0でなければならないと書いたのは、この為です。

もし、CREWを利用する機会があれば、自信を持って謝礼は「0」にしましょう!
それが、この事業を継続させる肝になります!



謝礼が0の場合、クルーが集まらないとか、サイドビジネスとして成立しないとか…
私は、そもそもこのビジネスモデルが理解できていないので、その点は応えられませんので、悪しからず(笑)

はっきりしている事は、CREWのクルーは趣味でなければ勤まらないってことかな。
そして、趣味でやってる人と、仕事でやっている人を同じ土俵で語るのは、困難ってことでしょう。


CREW関係者の皆さま、反論やビジネスモデルのご教授をお待ちしております!(笑)


ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

IMG_1208




引っ越してきました
はてなブログで、2016年6月から綴っていたブログを、2019年2月11日にライブドアに引っ越してきました。

はてなブログからの移行に際して、2019年2月11日以前のエントリーは、一部を除いてライブドア版には移行しませんでした。
以前のエントリーをご覧になりたい方は、下記ブログをご参照ください。

はてなブログ版「1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの」
最新記事
記事検索
ギャラリー
  • 緊急投稿! もし、会社が突然に休眠宣言して、ドライバーを解雇したら… その会社のドライバーだったと仮定して自分がやりそうなことをツラツラ書いてみます。
  • このご時勢だから その2… 社会保険の傷病手当金を知っておこう!
  • このご時勢だから その1… 最低賃金法を知っておこう!
  • 東京のタクシー、配車アプリはどうなっているのか? (私自身の備忘録)
  • 天邪鬼の戯言かなぁ… 被害者と加害者、トマトジュース割焼酎事件のその後
  • ギグエコノミーの光と影
  • 【6/11の乗務日誌】 偽装回送がダメな理由…
  • イケルさん「特別な契約」って、「一車持ちリース」じゃ無いんですか? それとも詳しく書けない理由でもあるんですか?
  • あの「トマトの焼酎割」事件に対する日本交通の謝罪が、謝罪になってないんじゃない?と思える件について
最新コメント
Profile

About me
名前:Shiwa


気がつけば、タクシー乗務を始めて10年と少し経ちました。現在2社目です。
会社によって勤務名称が異なるようですが、14時~16時の間に出庫しています(たいてい16時かな)
1Boxタクシーには、2015年の秋から乗っています。

ご意見・ご感想などは、blogのコメント欄の他、メール、twitterでもどうぞ…shiwa.1764@gmail.com
@Jw7Moyo


Teitterをまとめたblogを作っています。そちらもご覧ください。
「1Boxタクシードライバーのつぶやき」

ランキングサイトに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
サイトポリシー
「1Boxタクシーの乗務日誌のようなもの」のサイトポリシーは、こちらのページに記載しています。
「サイト運営のポリシー」

  • ライブドアブログ